【ソフトバンク】骨折しながら1軍帯同のソフトバンク上林 やっぱり抹消も

ソフトバンク・上林
ソフトバンク・上林

 右手薬指を剥離(はくり)骨折しながらベンチ入りを続けているソフトバンク・上林誠知外野手(23)が、出場選手登録を抹消される可能性が出てきた。

 4月17日のロッテ戦(ZOZOマリン)の1打席目に右手に死球を受け、今月6日の検査で「右第4中手骨掌側剥離骨折」が判明。3日の楽天戦(ヤフオクD)以降は代走などでの途中出場が続く。工藤監督は試合前に「本人に違和感があるのであれば、(抹消も)選択肢のひとつ。決まったわけではないですが」と説明した。この日は屋外フリー打撃には参加しなかったが、室内練習場でバットを振って、患部の状態を確認した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請