【楽天】球団初0―7から大逆転勝ち 辰己、球団新人初の逆転サヨナラ打「最高」

9回、サヨナラ打を放った辰己(左)は、ウィーラーに水をかけられながら歓喜のガッツポーズ(カメラ・中島傑)
9回、サヨナラ打を放った辰己(左)は、ウィーラーに水をかけられながら歓喜のガッツポーズ(カメラ・中島傑)
9回1死満塁、中越えに二塁打を放つ辰己
9回1死満塁、中越えに二塁打を放つ辰己

◆楽天8x―7ソフトバンク(8日・楽天生命パーク)

 楽天が球団史上初の大逆転勝ちを飾った。首位・ソフトバンクに最大7点差をつけられながら、ブラッシュの2本塁打などで追い上げ、2点を追う9回にはドラフト1位・辰己が中越えに逆転2点二塁打。チームの新人で逆転サヨナラ安打は初だ。3日に敵地で延長12回サヨナラ負けを喫した相手にリベンジを果たし、2連勝で貯金を1とした。2勝7敗と大きく負け越したゴールデンウィークを終え、ここから再浮上を狙う。

 初めての感激を全身で味わった。大逆転劇をド派手に締めくくった辰己は、三塁ベンチから飛び出してくる先輩たちにペットボトルの水をかけられた。普段はクールなルーキーが、両手を天に突き上げて雄たけびを上げる。「こんな最高なもんやとは思ってなかったです。ホンマに心の底からうれしかったです」。ヒーローは興奮さめやらぬまま、関西弁でまくし立てた。

 打つべくして打った。2点を追う9回。4連打で1点を返し、なお1死満塁。マウンドにはソフトバンクの守護神・森。それでも、冷静に外野手が前進していることを確認し、「引っ張ると風に押し戻されたり、引っかけてゲッツーになる可能性があった」と、中堅から逆方向への打撃を意識。球団の新人では12年の岡島以来2人目となる中越えへのサヨナラ打を放った。「ホンマは左中間スタンドを意識してたんですけど」と言ってのけた。

 反撃ののろしは、ブラッシュが上げた。7点を追う4回に、「何とか点を取れば、逆転できる自信があった」と、バックスクリーンに2試合連続の7号2ラン。8回には左中間席への特大8号2ランで流れを完全に引き寄せ、9回には遊撃への適時内野安打で辰己の一打をお膳立てした。

 ソフトバンクには、5日前の敵地での対戦で最大4点のリードをひっくり返され、4時間55分の死闘の末、引き分け寸前の延長12回1死からサヨナラ負けを喫していた。試合前、ベンチ前の円陣で、浅村が「前回、悔しい思いをしたからきょうが大事だ」と、ナインを鼓舞。リベンジへの思いを不屈の闘志に変え、序盤の大量7点差をはね返した。

 平石監督も「選手が全然諦めてなかった。この勝ちは大きい。どんな展開でも最後の最後まで粘り強くやっていきたい」と、興奮気味だ。しぶとい楽天が失速ムードをはね返し、ソフトバンクの独走に待ったをかける。(片岡 泰彦)

試合詳細
9回、サヨナラ打を放った辰己(左)は、ウィーラーに水をかけられながら歓喜のガッツポーズ(カメラ・中島傑)
9回1死満塁、中越えに二塁打を放つ辰己
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請