チャド・マレーンが神様役を好演 英語の字幕翻訳も担当

公開前試写会に出席した左から奥山大史監督、チャド・マレーン、佐伯日菜子
公開前試写会に出席した左から奥山大史監督、チャド・マレーン、佐伯日菜子

 女優の佐伯日菜子(42)とお笑い芸人のチャド・マレーン(39)が8日、東京・日本外国特派員協会で映画「僕はイエス様が嫌い」(31日公開、奥山大史監督)の試写会に参加した。

 イエス役で出演したチャドは、紙相撲を取ったりするコミカルな神様を好演。これに佐伯は「似合っててきれいでした。一緒に(紙)相撲を取ったり、住んでみたいです」と絶賛。あまりに愛らしいので、宗教上問題があるのではという問いに関して、チャドは「最初は出ることが心配でしたが…、大丈夫!」と胸を張った。

 海外映画祭に出品する際の英語字幕・翻訳も担当した。「字幕と翻訳のバーターとしてイエス役が決まったようなものですから」と謙遜して会場を沸かせたが、奥山大史監督(23)から「映画祭に出展する前に神様役はチャドさんと決めていました」とフォローが入り、チャドは「いくつもの真実があるのです」と会場の笑いを誘った。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請