高須院長、留守中の自宅が泥棒被害「ヘソクリ全部取られた」玄関の鍵壊され

高須克弥院長
高須克弥院長

 高須クリニックの高須克弥院長(74)が8日、自身のツイッターを更新。留守中の自宅に泥棒が入り、盗難被害に遭ったことを明かした。

 高須院長は「しばらく留守にしているうちにかっちゃんの家に泥棒が入った。警察の話しでは5月4日深夜の2時に三人組の男がバールで玄関の鍵を壊して侵入したらしい」とつづり、破壊されたドアの写真を投稿。

 「ヘソクリ全部取られた。SECOMとAMEXの保険の対象になるそうだが被害額がわからん」と盗難されたことを明かしたが、「命取られなくてよかった。もうけた。なう」と前向きに捉えていた。

 フォロワーからは「盗られてしまった物は残念ですが、命があって何より」「犯人達と居合わせなくてご無事で良かったです」など安どの声が寄せられているほか、「ツイッター見てて留守だと知っての犯行ではないですか?留守でも誰かがいると言った方が防犯になるのでは?」「SNSの時代やはり旅行などを載せるの危険ですね」「Twitterで不在を確認してる可能性ありですな」との声も上がっている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請