武藤敬司、全米進出を狙う「今の新日本プロレス」を語る「WWEよりもいい攻め方をしているよ」…5・10「さよならムーンサルトプレス」刊行

「さよならムーンサルトプレス」の表紙
「さよならムーンサルトプレス」の表紙

 今年でデビュー35年を迎えるプロレスラー武藤敬司(56)のノンフィクション「さよならムーンサルトプレス」(福留 崇広著。税込み1944円)がイースト・プレスから10日に発売される。

 両膝の人工関節設置手術のため昨年3月14日に最後のムーンサルトプレスを舞った武藤。同書は、直後の4月にスポーツ報知のホームページで34回に渡り連載した「さよならムーンサルトプレス」を書籍化したもので、執筆したメディア局コンテンツ編集部の福留崇広記者が武藤自身へ合計15時間あまりに及ぶインタビューを敢行。同時にnWo時代を知るエリック・ビショフ氏、米国修業時代に共にサーキットした桜田一男氏、幻のSWS移籍に関わった若松市政氏、全日本時代を知る和田京平レフェリー、全日本へ共に移籍したケンドー・カシンと青木謙治氏、武藤が公私共に慕った故マサ斎藤さん夫人の斎藤倫子氏ら関係者およそ30人を取材し、昭和末期から平成のプロレスで必殺技「ムーンサルトプレス」を武器にトップを走った武藤敬司の「真実」を浮き彫りにしている。

 武藤は、6月26日に後楽園ホールで開催される長州力引退興行「POWER HALL2019~New Journey Begins」で1年3か月ぶりの復帰戦を行う。試合は、藤波辰爾、真壁刀義と組んで、長州、越中詩郎、石井智宏と対戦する。このほど、発刊を前に武藤が「Web報知」の取材に応じ、復帰戦を控えた現在の心境を明かした。「武藤敬司、●●を語る」と題し3日連続で連載する。初日は、「新日本プロレスの今」について語った。

 武藤の化身、グレート・ムタは4月6日に米ニューヨークでダブルヘッダーで復活した。まずは、昼に「HOG」のメインイベントで6人タッグに出場。さらに夜には、新日本プロレスが初進出したマジソン・スクエアガーデン大会にサプライズ降臨。第0試合の31人参加1分時間差バトルロイヤルで、大トリとなる30番目に登場し、来年1月4、5日の東京ドーム2連戦で引退する獣神サンダー・ライガーと対戦した。ムタは昨年3月25日、DDT両国国技館大会以来、約1年ぶりの降臨だった。これほどの長期間の欠場は、35年のレスラー人生では初めてだった。

 「当初は、復帰まで長いなぁなんて思ってたけど、思った以上に試合までは短かったよ。アメリカは半年ぐらい前に組まれたから、先は長いなと思ったけど、1か月前になって、もう試合かって不安になりましたよ」

 HOGでの復帰は、事前に発表になっていたが、新日本は完全なサプライズで日米のファンが、まさかのムタ降臨に喝采をあげた。さらにライガーとの対戦は、両者の歴史を考えると感慨深いコンタクトとなった。ニューヨークでの復帰は、自らが描いていたという。

 「海外で復帰するってかっこいいじゃないですか。しかもダブルヘッダーって。新日本にも貢献できたでしょ。ライガー戦は、WWEと違ったナチュラルなストーリーだよね。難しい試合をやったわけじゃないけどね。振り返れば、ああすれば良かったってあるけどな、点数を付ければ80点ぐらいかな。ただ、こうやってオレが行くことでいい形で迎え入れてくれたからね。みんな、本当に喜んでくれてね。ファンだけでなくレスラーもスタッフも親切にしてくれる。そういう姿を見て、またオレも元気もらいましたよ」

 1984年4月の入門から2002年1月まで在籍した言わばレスラー人生の故郷と言える新日本。「さよならムーンサルトプレス」では、新日本時代の武藤について坂口征二氏、蝶野正洋、獣神サンダー・ライガー、前田日明氏、馳浩氏、藤原喜明、船木誠勝、小杉俊二氏、山田恵一氏らを取材している。今回のマジソン初進出は、米国への本格進出への重要な意味を持っていた。結果は、超満員の観客を動員し成功した。今の新日本をどう見たのだろうか。

 「新日本は、WWEと違う形でもう少し比重がストーリーよりもリングに来ているよね。だから、新日本はいい攻め方をしているんじゃないかなって思ったよ。あんまりストーリー展開し過ぎるとWWEと太刀打ちできなくなるからね。今のやり方は、いいんじゃないかな」

 MSGをきっかけに今後、再び新日本とは、つながりが生まれたのだろうか。

 「新日本とは関わっていかないんじゃない。新日本は、オレを必要としないよ。今の新日本は、50歳定年制ぐらいの感覚じゃない。飯塚とかライガーもそうだよね。もったいないちゃ、もったいないんだけど、でも、みんな本人の意志で決めているからね」(続く)

(取材・構成 福留 崇広)

格闘技

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請