【ロッテ】土肥、2軍戦で「人生最多」14奪三振 昇格へ猛アピール

ロッテの土肥
ロッテの土肥

 ◆イースタン・リーグ ロッテ1―5日本ハム(7日・ロッテ浦和)

 ロッテの土肥星也投手(23)が先発し、7回7安打3失点(自責2)、14奪三振の力投を見せた。

 最速144キロの直球とスライダー、チェンジアップを決め球に「人生最多」の三振を量産した。

 視察に訪れた井口資仁監督(44)は「制球もよかったし、球もしっかりしていた。連戦がある時や、今のローテの誰かが調子が悪い時に上げたい」とチャンスを与える意向を示した。土肥も「(昇格に向けて)いつでもいけるようにしっかり準備したい」と今後を見据えていた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請