朝ドラ「まんぷく」ファミリーが令和時代に日清の袋麺CMで再集結

スポーツ報知
日清袋麺の新CMに出演する左から三宅希空、松坂慶子、深川麻衣、二宮輝生

 NHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜・前8時)に出演していた女優の松坂慶子(66)、元乃木坂46の深川麻衣(28)、子役の二宮輝生(12)、三宅希空(10)が、日清の袋麺シリーズの新CM「愛されて三世代篇」に出演することが7日、分かった。

 松坂は「まんぷく」ヒロインの福子(安藤サクラ)の母・鈴役、深川は福子のめい役、二宮は福子の息子・源役、三宅は福子の娘・幸役で出演。今CMでは、おばあちゃん、姉、弟、妹役を務め、“まんぷくファミリー”の再結成となる。

 舞台は、令和元年の食卓。腹ぺこで帰ってくる二宮と三宅のために、お姉ちゃん役の深川が日清の袋麺シリーズを調理する。孫3人に対して、おばあちゃん役の松坂は強がって、「私は好きやない!」と言い切るが、最後にはおなかが鳴ってしまい、4人で麺を完食。まるで朝ドラのような、自然なやりとりに注目だ。

 久しぶりの“孫”たちとの再会に松坂は「とても楽しい時間を過ごせました。日清さん、ありがとうございます! こういう役どころも、板についてきたかなと実感しています」と目を細める。深川も「久しぶりに松坂さん、輝生くん、希空ちゃんに会えて、とても楽しい撮影現場になりました」と喜んだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請