【西武】本田「流れを悪くしてしまった」十亀も粘れず黒星

西武先発の本田圭佑
西武先発の本田圭佑

◆西武4―8楽天(6日・メットライフドーム)

 投手陣が粘れなかった。

 先発の本田が6回途中3失点で降板し「流れを悪くしてしまった」。3番手の十亀は1―3の7回から登板し、3連続安打に失策が絡み、とどめの3ランで一挙5失点。内海、松本航が離脱中で苦しい台所事情は変わらず、次は12日の日本ハム戦で先発する。

 「日数も空いてるから、自分の中でやりくりしないといけない。次はチャンスを自ら潰さないように投げないと」と気を引き締めた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請