【甲府】バンディエラ石原引退試合に小倉や鈴木啓ら…盛田はラーメン店出店“二刀流”参加

試合後にあいさつした石原克哉氏はスパイクを脱いでピッチを去った
試合後にあいさつした石原克哉氏はスパイクを脱いでピッチを去った
往年のフォームで左足で蹴る「レフティーモンスター」小倉隆史氏
往年のフォームで左足で蹴る「レフティーモンスター」小倉隆史氏
得点のたびに両軍から胴上げされる石原克哉氏
得点のたびに両軍から胴上げされる石原克哉氏

 J2甲府の「バンディエラ」MF石原克哉氏(40)の引退試合が6日、山梨中銀スタジアムで行われ、ヴァンフォーレ甲府レジェンズ(レジェンズ)が、8-5で石原克哉とゆかいな仲間たち(仲間たち)に勝った。17年シーズン限りで現役を引退し、クラブのアンバサダーを務める石原氏は前半は「仲間たち」、後半は「レジェンズ」でプレーし、「仲間たち」で先制点を、「レジェンズ」ではPKなどで2点を挙げ、ハットトリックを達成した。

 石原氏は韮崎高、順大を経て2001年、甲府に加入。引退まで同クラブ一筋でプレーした「バンディエラ(イタリア語で旗頭の意味)」。引退試合では最終所属クラブと、それまでに所属したクラブ選手によるチーム分けが一般的だが、甲府一筋でプレーしてきたため、甲府所属経験者だけでなく、親交ある元浦和のバンディエラ鈴木啓太氏(37)らも姿を見せた。小倉隆史氏(45、FC伊勢志摩理事長)は乱闘を演出するなど盛り上げ、盛田剛平氏(42)はプレーのみならず、この日限定のラーメン店を出店するなどしてかつての盟友のために一役買った。

 試合には約3500人の観衆が詰めかけた。「天気がよかったし仲間がたくさん集まってくれた。まだできるという気持ちがあったんですけど、(引退から)1年半たつとできませんでしたね」と90分フル出場した石原氏は苦笑い。「日本代表になったこともないし、17年間ずっといただけの選手だと思っている。アカデミー(下部組織出身)の選手が今は(トップチームに)少ないのでスタメンに5~6人入るようにしたい」と今後は育成に深く携わり、令和の甲府を支える人材育成へ決意を新たにしていた。

試合後にあいさつした石原克哉氏はスパイクを脱いでピッチを去った
往年のフォームで左足で蹴る「レフティーモンスター」小倉隆史氏
得点のたびに両軍から胴上げされる石原克哉氏
すべての写真を見る 3枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請