【楽天】茂木が激走で適時打「必死に走りました」

6回2死満塁、遊撃へ適時内野安打を放つ茂木
6回2死満塁、遊撃へ適時内野安打を放つ茂木

 ◆西武―楽天(6日・メットライフドーム)

 楽天・茂木栄五郎内野手(25)が、1点リードの6回2死満塁でショートへの適時打を放った。

 全ての塁が埋まった追加点のチャンスに、茂木は初球から反応。西武2番手・佐野の144キロ直球をはじき返すと打球は三遊間に転がった。名手の遊撃手・源田が体をいっぱいに伸ばしてボールはグラブに収まったが、茂木は一塁へ激走。わずかに早くベースに到達して貴重な追加点をたたき出した。西武・森に次ぐリーグ2位の打率を残すなど好調の茂木は「打ったのはストレートです。ストレートで入っていって強く振ろうと思っていました。いい所に飛んでくれましたね。必死に走りました」とにっこりだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請