【日本ハム】大田が同点適時打「がむしゃらにいきました」

初回1死、二ゴロで一塁に頭から滑り込み、安打とした大田(カメラ・越川 亘)
初回1死、二ゴロで一塁に頭から滑り込み、安打とした大田(カメラ・越川 亘)

◆ロッテ―日本ハム(6日・ZOZOマリンスタジアム)

 日本ハムの大田泰示外野手(28)が6日、ロッテ戦に「2番・右翼」で先発出場。1点を追う3回2死三塁で、ロッテ先発・種市の外角直球を捉えて、右前への同点適時打を放った。

 2日の西武戦(メットライフ)以来4試合ぶりの打点。その後、盗塁と暴投で三塁まで進むと、近藤の左翼線への適時二塁打で逆転のホームを踏んだ。大田は「気持ちで打ちました!打ったのは真っすぐ。点が欲しいところ、がむしゃらにいきました。勝つことに集中します」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請