【ソフトバンク】オカダ・カズチカが始球式に登場「ダメージがなければ、165キロ出ていた」

始球式を務めた、新日本プロレスのオカダ・カズチカ
始球式を務めた、新日本プロレスのオカダ・カズチカ

◆ソフトバンク―オリックス(6日・福岡ヤフオクドーム)

 新日本プロレスのIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(31)が始球式に登場した。マウンド上で、両腕を広げる代名詞の「レインメーカーポーズ」を決めてから投球。見事なストライク投球で、“歓声の雨”を降らせた。

 4日に福岡国際センターで行われた、IWGPヘビー級選手権試合で、SANADAとの38分を超える激闘の末、初防衛に成功した。「おとといの試合でダメージがなければ、(プロ野球記録の)165キロ出ていたと思う」とニヤリと笑っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請