宮本勝昌の復活V 師匠・芹澤信雄&兄弟子・藤田寛之らグリーン脇で待っていた

18番、バーディーパットを沈めて優勝を果たした宮本勝昌
18番、バーディーパットを沈めて優勝を果たした宮本勝昌

◆男子プロゴルフツアー 中日クラウンズ 最終日(5日、愛知・名古屋GC和合C、6557ヤード=パー70)

 1打差2位で出た宮本勝昌(46)=ハートンホテル=が6バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの69をマーク。通算9アンダーで2017年7月以来の通算12勝目を挙げた。昨季不振で19年ぶりの賞金シード喪失を味わった2児のパパは、「こどもの日」に妻子と師匠の前で劇的な逆転劇を演じて、新元号・令和で最初の王者に。21年までのシードと2年ぶりのメジャー、日本シリーズJTカップ(12月5~8日・東京よみうりCC)出場権も手にした。

 最終18番のグリーン脇では、兄弟子・藤田寛之(49)ら「チーム芹澤」のメンバーが見守っていた。宮本はその光景を見て、「師匠が最後まで待っていてくれたので」と、目を潤ませた。師匠・芹澤信雄(59)は「去年、苦労しましたから。こんなに早く勝つとは」と、たたえた。このオフは「1日100球は打て」と、ショートゲームの強化を課した。難コースを制したまな弟子に、「パットも含めてショートゲームの成果が出たと思います」と、拍手を送った。

 芹澤自身は昨年8月の股関節手術を乗り越え、今大会でレギュラーツアー7年ぶりの予選突破。「この場に立ち会えたことがうれしい。弟子たちからいい刺激をもらっていますよ」と、令和初戦で最高の滑り出しを喜んだ。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請