31年ぶり元BOOWY3人が集まった…布袋寅泰の新アルバムで

新アルバムで元BOOWYの高橋まこと(左)、松井常松(右)と31年ぶりに共演した布袋寅泰
新アルバムで元BOOWYの高橋まこと(左)、松井常松(右)と31年ぶりに共演した布袋寅泰

 歌手でギタリストの布袋寅泰(57)が、29日発売の新アルバム「GUITARHYTHM 6」の収録曲「Thanks a Lot」(6日先行配信)で、元BOφWYの高橋まこと(65)、松井常松(58)と31年ぶりに共演したことが5日、分かった。

 3人での共演はBOφWYの解散ライブ「LAST GIGS(ラスト・ギグス)」(88年)以来。布袋の生活の拠点、英国ロンドンで行われた。「スタジオで3人顔を合わせたら、何だか昨日からやってます、みたいな感覚」(高橋)というほど、あうんの呼吸でレコーディングは進んだ。

 布袋のギターが高橋のドラム、松井のベースに心地良くシンクロするアップテンポな曲調。布袋は「スタジオに3人が並び、まこっちゃんの大きなカウントから8ビートが走り出す。いつもは険しい表情の松っちゃんが寡黙なダウンストロークを刻みながら静かにほほ笑んでいる」。31年ぶりのセッションに「懐かしい仲間と交わす音のラリーは言葉以上に心に響いた。僕のギタースタイルの原点はこのリズム隊にあることを再確認した。“俺たちは今も何も変わらない”、移りゆく時代へ送るメッセージが多くの人に届きますように」とコメントした。

 高橋も「オファーが来た時はびっくりしました。ロンドンはBOφWYでマーキークラブで演奏した(1985年)以来だから、興奮で眠れませんでした。できた音もバッチリでした。改めて布袋、松井、まことの出す音でしたね。ロンドンに呼んでくれてありがとう」と感謝。松井も「それぞれが違う道を歩み出してから随分と長い時間が経過したわけですが、一緒に音を出す作業を進めてみると、その中での時間の流れとか会話とか、変わらない部分は変わらない。不思議で感慨深い時間を共有させていただきました」と話した。

 同アルバムには、Corneliusとコラボした「Clone」、MAN WITH A MISSIONが参加した「Give It To The Universe」など全13曲が収録される。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請