【広島】誠也、球団史上最年少24歳で通算100号!技あり逆転弾「よく伸びた」

初回2死一塁、通算100号の右越え2ラン本塁打を放つ広島・鈴木
初回2死一塁、通算100号の右越え2ラン本塁打を放つ広島・鈴木

◆広島―巨人(5日・マツダスタジアム)

 広島・鈴木誠也外野手(24)が通算100号を逆転2ランで飾った。

 1点を追う初回2死一塁、カウント2―1から外角低めの直球を右中間へ。投手・山口からすれば狙い通りのコースへ投じた球は、低い弾道でそのままスタンドに達した。逆転の8号9ランに「自分のスイングでしっかり捉えることができました。よく伸びてくれましたね」と胸を張った。

 広島で100本塁打以上を記録したのは24人目で、24歳8か月での到達は江藤智の25歳0か月を超える球団史上最年少記録。カープの日とも言える5月5日に達成するあたり、さすが不動の4番打者というところだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請