指原莉乃、山口真帆のNGT卒業問題で秋元康氏の思い明かす「会社側が勝手に動いて、相談も報告もせずに…」

指原莉乃
指原莉乃

 タレントの指原莉乃が5日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。昨年12月にファンの男性から暴行を受け、今年1月以降、姿を見せていなかったNGT48の山口真帆がグループからの卒業を明かした問題についてコメントした。

 指原は、4月28日に横浜スタジアムでの卒業コンサート後の会見で今回の問題について言及した。その発言について「お祝いの場なので会社側からその件についてはってお話だったんですけど、とはいえやっぱりみなさんが聞きたいことも、話さなきゃいけないことを何となく感じていたのでお話しさせていただいたんですけど」と明かした。

 山口は今月2日に有料会員用のメールで秋元康氏(61)への気持ちを明かした。メールでは「私も秋元さんがトップだと思ってたし、助けてくださいってsnsで直談判しようと思ってた」と告白。だが「秋元さんはaksのトップではないから逆らえないし、何も報告されなくなって、何も知らないらしいんだ。びっくりだよね…昔のAKBとは組織も人も違うし、私の経験上納得するところはありました。だからコメントするにもコメントできないらしくて、他のグループのメンバーもみんなそんな感じだと思うので、他のグループの人には何も言ってほしくないし、求めないでほしいし、ご迷惑かけてごめんなさいって私は思っています」。さらに「私が傷つくようなことは一切しなくて、唯一心配してくれていたと聞いています」とつづった。

 そのメールに指原は「その時も実は真帆ちゃんが私には何も聞かないであげてくださいっていうのを発言しようとしてくれていたみたいで。すごく私に申し訳ないって気持ちを持っていてくれて。すごく優しくて、自分のことだけじゃなくて周りのことも守りたいしっていう気持ちすごくあって、いい子なんだなって思いました」と明かした。

 その上でMCの東野幸治から今回の問題について秋元康氏がどう思っているのかを聞かれた指原は「私も実際にある日、これはどうしようもないなと思って秋元さんに相談をしたんですけど」と明かし「言っていいのか分からないんですけど、会社側がすべて勝手に動いてしまって本来相談すべき秋元さんに相談も報告もせずにNGTの今後の動きなどを先に発表してしまっていたり。ある瞬間にトップが変わった瞬間から秋元さんがクリエイティブだけのプロデューサーになっていたので、それを真帆ちゃんに唯一、間に入って話せる人がいるんですけど、その人が話していて、その人づてに秋元さんが励ましの声をかけていたって聞いています」と話していた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請