【日本ハム】プロ4年目・平沼が初打点「どうしても1点がほしかった」

◆ロッテ3―2日本ハム(4日・ZOZOマリンスタジアム)

 日本ハムの平沼翔太内野手(21)が4日、ロッテ戦に「7番・三塁」で先発出場。同点の6回1死一、二塁の好機で、ロッテ先発・ボルシンガーの初球の内角140キロ直球を捉えて右前への適時打を放った。

 プロ入り4年目での初打点。この日で4試合連続スタメン起用と大きな期待を受ける中で、勝負強さを発揮した21歳は「初球から積極的にいこうと思っていました。同点に追いつかれた後のチャンスで、どうしても1点がほしかったので、得点につながって良かったです」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請