【ヤクルト】みどりの日に緑躍動 好走塁に小技でつないで7得点のビッグイニング

◆中日4―8ヤクルト(4日・ナゴヤD)

 ヤクルトが同点の5回に打者12人の攻撃で一挙7点を奪い、連勝。柳との6度目の対戦で初めて黒星をつけ、2カードぶりの勝ち越しを決めた。

 4回まで2安打の重い展開。5回に西浦、中村が連続安打でチャンスメークすると、高梨がきっちり送って二、三塁。ここで太田の遊ゴロが野選を誘い、三塁走者の西浦の好走塁で勝ち越すと、続く上田は一塁前へ絶妙のセーフティースクイズを決めた。なおも山田哲の適時打、村上の2点二塁打、西浦の2点適時打が続いた。

 投げても高梨が7回3失点の好投で3勝目を挙げ、バレンティン不在の穴を全員で補う全員野球。小川監督は「いい攻撃だったですね。とにかく点を取らないといけないので、ショートゴロで西浦がかえったのが大きなプレーだったと思います」とたたえた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請