【オリックス】テスト入団した成瀬がほろ苦デビュー 3回途中7安打4失点でKO

3回途中で降板したオリックス先発の成瀬
3回途中で降板したオリックス先発の成瀬

◆ソフトバンク―オリックス(4日・福岡ヤフオクドーム)

 オリックスの成瀬善久投手(33)が移籍後初登板初先発マウンドに上がったが、2回0/3を7安打4失点でKOされた。

 初回先頭の川島は外角チェンジアップで空振り三振に斬った。しかし、続く周東に中前打を浴びると、2死一、二塁とピンチを広げて松田宣、グラシアルに連続適時打を献上。3回にも松田宣に適時二塁打を許し、その後、無死一、三塁となったところで降板を告げられた。直球の最速は137キロだった。

 ロッテ、ヤクルトと渡り歩き、今春キャンプ中の入団テストを経て、オリックス入りした96勝左腕。ほろ苦い“デビュー戦”となった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請