馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

連休明けが待ち遠しい(美浦)

 こんにちは、坂本です。世間はゴールデンウィークの真っただ中ですが、新緑がまぶしい美浦トレセンで勤務に励んでおります。

 私が美浦に入った5月1日は、「平成」から「令和」へと新しい時代となる歴史的な1日でした。メディアでは「令和元年五月一日」のご朱印を求めて東京の明治神宮で長蛇の列ができたなどと報じられていましたが、私は美浦トレセン近くの「大杉神社」に足を運びました。すると駐車場は車であふれており、ご朱印は30分~1時間待ちとのこと。また知人によれば、「奉祝 天皇陛下御即位 令和の御大禮(れい)」というご朱印を押してもらったそうです。新時代到来ということで、心も新たに頑張りたいものです。

 さて美浦でも緑の調教ゼッケンを着けた2歳馬の姿が増えてきました。国枝厩舎で入厩中の2歳勢は、【オウケンサクラの17(牝、父オルフェーヴル)】がいます。「馬はいいけど、まだゲートで余裕がないかな」と、まずは様子を見ながら“第一関門”突破を目指していくようです。

 デビューが決まっているというのは、【ロジアイリッシュ(牝、父ハーツクライ、母クイーンビー2)】。「勘のいい馬。距離はマイルか、もう少し短くても」とのことで、6月2日の新馬戦(牝馬限定、東京・芝1600M)を予定しています。

 先日、豪州遠征のクイーンエリザベスSで名牝ウィンクスの2着に健闘したクルーガーの全弟にあたる【サクセッション(牡、父キングカメハメハ、母アディクティド)】も、すでにゲート試験に合格。3回東京開催でのデビューも視野に入ってきそうですね。

 来週には【サトノフラッグ(牡、父ディープインパクト、母バラダセール)】や【クロスキー(牡、父ハーツクライ、母リッチダンサー)】が、美浦トレセンへ入厩を予定しているそうで、このあたりの良血馬も注目の存在と言えるでしょう。

 堀厩舎では【サリオス(牡、父ハーツクライ、母サロミナ)】が入厩中。森助手によれば、「4月頭に入厩して、だんだん落ち着いてきて、大型馬だけど、素軽い動き。このまま続けていって、東京の頭で使えるかを判断します。ゲートはすでに受かっています。(馬体重は)560キロくらい」とのことです。

 また今日(3日)のゲート試験で、藤沢和厩舎の【アブソルティスモ(牡、父ダイワメジャー)】が「潜、跳出、騎落、再枠入、後開」の理由で不合格となっていました。言わずと知れたダービー馬レイデオロの半弟で、個人的にも注目しているだけに、ちょっと気になるところです。

 それでは今週はこのへんで。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請