「令和の丑之助誕生です」尾上菊之助の長男、堂々の初舞台 歌舞伎座で7代目襲名

7代目尾上丑之助初舞台。祝幕は宮崎駿監督が手掛けた。牛若丸と弁慶をデザインしたもの
7代目尾上丑之助初舞台。祝幕は宮崎駿監督が手掛けた。牛若丸と弁慶をデザインしたもの

 歌舞伎俳優・尾上菊之助(41)の長男で、人間国宝の尾上菊五郎(76)、中村吉右衛門(74)を両祖父に持つ寺嶋和史(5)が3日、東京・歌舞伎座で開幕した「團菊祭」(27日まで)の「絵本丑若丸」で7代目尾上丑之助を襲名し、初舞台を踏んだ。

 「丑之助」は音羽屋に代々続く、大事な名跡。令和で最初に歌舞伎デビューを飾った丑之助は牛若丸姿でりりしく登場。割れんばかりの拍手が響く中、口上で「どうぞ、よろしくお願いします」と堂々と第一声。菊五郎が「立派な歌舞伎役者になってもらいたい」と言えば、吉右衛門は「私の孫でもございます。令和の丑之助の誕生です」と愛情たっぷり。菊之助は「両祖父のような役者になりますよう」とあいさつした。

 弁慶にふんした父に肩車されながら、何度もみえを切り、物おじしないところを見せていた。客席後方で見守った祖母の富司純子(73)は「みっちり教わってけいこしていたので息子(菊之助)の初舞台よりもしっかりしていました」と少し安堵(あんど)の表情を見せていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請