大津瀬田、猛打で圧倒!2年連続3度目の優勝…第15回兵庫のじぎく大会

大会連覇を決め歓喜の輪を作る大津瀬田ナイン
大会連覇を決め歓喜の輪を作る大津瀬田ナイン

◆第15回兵庫のじぎく大会 ◇中学生の部▽決勝 大津瀬田ボーイズ11―6東名古屋ボーイズ(27日・三木防災公園野球場)

 「第15回兵庫のじぎく大会」は大津瀬田ボーイズ(滋賀県支部)が大会連覇。大阪阪南大会に続く出場2大会連続Vも達成し、夏の「第50回選手権大会」(8月2~6日、大阪シティ信用金庫スタジアムほか)出場へ弾みをつけた。

 大津瀬田が猛打で東名古屋を圧倒。2年連続3度目の優勝を飾った。

 6回に同点に追いつかれ、重苦しい雰囲気に包まれたが、その裏、樋口がバットで吹き飛ばした。2死満塁から「打った瞬間、外野を越えると確信した」という打球は、中越えの走者一掃の3点二塁打。続く谷川も「樋口が打ってくれ、楽な気持ちで打席に立て、自分のいいスイングができた」とランニング本塁打を放った。

 7回からリリーフ登板したエース山田は、3者凡退できっちり試合を締め「先輩らの後を継ぎ、連覇できたことがうれしい」と満面の笑み。大阪阪南大会に続き出場2大会連続でV。夏の全国大会へ向け、チームの勢いが止まらない。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請