山口真帆、秋元康氏に感謝「心配してくれていたと聞いています」

山口真帆
山口真帆

 昨年12月にファンの男性2人から暴行を受け、今月18日にNGT48を卒業する山口真帆(23)が2日、有料会員用のメールで秋元康氏(61)への気持ちを明かした。

 メールでは「私も秋元さんがトップだと思ってたし、助けてくださいってsnsで直談判しようと思ってた」と告白。だが「秋元さんはaksのトップではないから逆らえないし、何も報告されなくなって、何も知らないらしいんだ。びっくりだよね…昔のAKBとは組織も人も違うし、私の経験上納得するところはありました。だからコメントするにもコメントできないらしくて、他のグループのメンバーもみんなそんな感じだと思うので、他のグループの人には何も言ってほしくないし、求めないでほしいし、ご迷惑かけてごめんなさいって私は思っています」。さらに「私が傷つくようなことは一切しなくて、唯一心配してくれていたと聞いています」とつづった。

 事件に関しては元HKT48の指原莉乃(26)も運営に対する意見を口にしているが「一番コメントを求められる指原さんは私のことを気遣ってくれて、本当に有り難く、そして申し訳なく思っています」と感謝している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請