プロ注目の光泉(滋賀)・吉田が自己最速タイの144キロ 今季公式戦初登板を9球団が視察

自己最速タイの144キロをマークした光泉の吉田
自己最速タイの144キロをマークした光泉の吉田

◆春季滋賀県大会 ▽3回戦 光泉8―4近江兄弟社(2日・彦根)

 プロ注目の光泉・吉田力聖(りき、3年)が、今季公式戦初登板した。巨人、ヤクルト、中日など9球団のスカウトが視察した中で、自己最速タイの144キロをマークした。

 3回までは1安打無失点に抑えていたが、4回に突然、崩れた。3月に痛めた右肘に違和感を訴え、4安打2四球で4失点。当初の予定は3回だったため、大事を取って、この回で降板した。

 右肘の状態を考慮し、この試合は変化球中心の投球にした。「(力を)入れるところはしっかり投げられた。ああいう投球(変化球中心)ができると分かった。体を使えていたので、腕を振らずとも球はいっていた」と、収穫も得た。「夏は全部、自分が投げ切っていくつもりで、万全の状態で戻ってきたいと思う」と、言葉に力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請