改名「令和喜多みな実」後輩コンビの「令和ロマン」画数は「大凶でした」

スポーツ報知
「プリマ旦那」から改名して初単独公演を行った「令和喜多みな実」の河野良祐(左)と野村尚平

 新元号にともない「プリマ旦那」から改名したお笑いコンビ「令和喜多みな実(れいわきたみなみ)」が1日、大阪・なんばグランド花月で「プリマ旦那改メ令和喜多みな実襲名披露公演」を行った。

 この日のために新調したスーツで60分漫才を披露。終演のあいさつで野村尚平(31)は「スイッチが切れました」と観客を笑わせた。終演後には取材に応じ、「令和初日の大事な日に花月の出番を僕らに任せていただいてありがたい。めちゃくちゃ緊張しました」と河野良祐(32)は振り返った。

 “襲名披露”の口上で、先輩コンビ「アキナ」の秋山賢太(35)が、両コンビで行った4対4のカラオケ店での合コンで、歌っている最中に河野が女性と濃厚なキスをしていたというエピソードを暴露したことに「100%うそですから!」と主張。だが、野村は「アキナさんはそれ込みで口上をお願いしました。絶対言うやろうなと」としてやったり。河野は「野村は確信犯です」とうなだれていた。

 またこの日、東京所属の後輩コンビ「魔人無骨」が「令和ロマン」に改名したことを発表。野村は「先輩ならめちゃくちゃ言いますけど、後輩なので。元号は国民みんなのものですし」と寛容な姿勢を示したが、「僕らは画数を調べたら47ですごくいいんですけど、令和ロマンは大凶でした」とニヤリ。「今後は共演することもあるかもしれないので、直接会ってしかりたいと思います」と笑わせた。

 ステージ上にある出演者の出番表には、「令和」の下にスペースの関係で「喜多」と「みな実」が並列。どちらが「喜多」で「みな実」なのかと聞かれかねない状況となるため、便宜上、河野が「喜多」、野村が「みな実」と位置づけていることも明かした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請