奈良学園大の二刀流・菅田が投打で勝利に貢献 6球団が視察

9回2死一塁から登板し、試合を締めた奈良学園大の菅田
9回2死一塁から登板し、試合を締めた奈良学園大の菅田

◆近畿学生野球春季リーグ戦 ▽第5節 奈良学園大5―4阪南大(1日・南港中央球場)

 プロ注目で奈良学園大の二刀流・菅田大介(4年)が、巨人、阪神、中日などプロ6球団のスカウトが視察したなかで、投打にわたって勝利に貢献した。

 3番打者として3―2の5回2死二塁で右越えに適時打を放つと、5―3の9回2死二塁では、右翼の守備位置からマウンドへ。中前適時打を浴びて1点差に迫られ、四球も与えて2死一、二塁のピンチを背負ったが、1点のリードは守った。

 最速146キロ左腕は「1人で終わらせたかった。力み過ぎていた」と反省。4打数1安打の打撃も「(7回2死三塁で)右飛に終わってしまった。打点をつけておきたかった」と、自己採点は厳しかった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請