山田邦子が令和を前に改名!? 長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名

吉原雀を披露する杵屋勝之弥門弟(上段左から7人目が山田邦子こと杵屋勝之邦)
吉原雀を披露する杵屋勝之弥門弟(上段左から7人目が山田邦子こと杵屋勝之邦)
名取・杵屋勝之邦を襲名した山田邦子(右は師匠の杵屋勝之弥)
名取・杵屋勝之邦を襲名した山田邦子(右は師匠の杵屋勝之弥)

 芸能生活40周年を迎えたタレントの山田邦子(58)が、長唄杵勝会の名取・杵屋勝之邦を襲名した。27、28日に東京・歌舞伎座で行われた「二世杵屋勝三郎生誕二百年記念 長唄杵勝会 第十二回全国大会歌舞伎座公演」で師匠・杵屋勝之弥(70)と門弟20人で吉原雀を披露した。

 「まだまだ杵屋勝之弥先生の1000分の1以下ですが、歌舞伎座という聖地で真ん中で歌わせていただけたことは、私にとって芸能活動40周年、そして平成最後の、大きな記念になりました」と山田邦子こと杵屋勝之邦。師匠・杵屋勝之弥は「お歌は上手やから、直した所は次のお稽古には直してきはる。僕の他のお弟子さんは90歳の方もいます。邦子さんは燃えてますから、いつまでも続けて頂きたい」と話す。

 襲名しても山田邦子としての活動は続け、芸能生活40周年記念舞台「山田邦子の門」(演出・水木英昭)が5月22~29日に東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで、6月5、6日に愛知・名古屋市青少年文化センター アートピアホールで開催される。5月26日には、紀伊國屋サザンシアターで特別イベント「令和元年♪♪邦子祭り(925フェスティバル)も行う。

 平成最後の日となった30日は、東京ドームで行われた平成最後の巨人戦をスタンドで観戦。巨人は惜しくも中日に1‐3で敗れたが、令和になっても巨人と原監督を応援することを誓った。(酒井 隆之)

吉原雀を披露する杵屋勝之弥門弟(上段左から7人目が山田邦子こと杵屋勝之邦)
名取・杵屋勝之邦を襲名した山田邦子(右は師匠の杵屋勝之弥)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請