【宏太’Sチェック】チャナに精神的成長感じた

◆明治安田生命J1リーグ第9節 磐田1―2札幌(28日・ヤマハ)

 今季の札幌は、こういう戦いが続くんじゃないかなと思えた磐田戦だった。連動してプレッシャーをかけてくるチーム相手には厳しくなるが、磐田のように前から重圧をかけても中盤がルーズだと、宮沢や深井のダブルボランチは余裕を持ってプレーでき、試合を優位に進められる。早い時間に先制したし、1点差だが全体的にはいい内容だった。

 存在が際立っていたのはチャナティップに他ならない。今の札幌の中心は間違いなく彼。卓越した素早さは、止められると思って相手が来てもかわせるし、体勢が崩れることもない。体格的には決して恵まれてはいないが、その中でどう生きていくか考えながらやって来たことは、太ももの筋肉一つ見ても分かる。

 精神的成長が感じられる場面もあった。後半、ゴール前で思った通りにボールが来ず、不満そうな顔をした。これまでのチャナは自分のプレーにいっぱいいっぱいで、同様の時も表情は変えることはなかった。磐田戦で見せた変化は、周りに目を向けられるようになった証拠といえる。

 計り知れない潜在能力を持つチャナの存在は、本当に貴重なのだから。俊敏さはまね出来るものではないが、常に100%以上の力をピッチで出し続ける姿勢は、若い選手など見本にしていかないと。(吉原 宏太、1996~99年札幌FW)

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請