馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 福島

【新潟大賞典】平成最後の重賞はメールドグラースが重賞初挑戦V 豪州のレーンもJRA重賞初V

優勝したメールドグラースとレーヌ騎手
優勝したメールドグラースとレーヌ騎手

 ◆第41回新潟大賞典・G3(4月29日、新潟・芝2000メートル、良)

 平成最後の重賞はハンデ戦で16頭立てで争われ、7番人気だったハンデ54キロのメールドグラース(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎、父ルーラーシップ)が直線で抜け出し、条件戦からの3連勝で重賞初挑戦Vを決めた。短期免許で初来日し、前日28日の東京競馬で4勝を挙げていた豪州の若手、ダミアン・レーン騎手(25)はJRA重賞初制覇となった。

 トップハンデ57・5キロで3番人気のミッキースワロー(横山典弘騎手)が3/4馬身差の2着に続き、1番人気だった55キロのロシュフォール(クリストフ・ルメール騎手騎手)が鼻差の3着に入った。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請