【オリックス】青波魂だ! ドラ7・中川が2点二塁打 故・仰木彬元監督の背番号「72」のユニホーム着用

4回2死一、三塁、同点の左翼線への適時二塁打を放つ中川
4回2死一、三塁、同点の左翼線への適時二塁打を放つ中川

◆オリックス―西武(29日・京セラドーム大阪)

 オリックスのドラフト7位・中川圭太内野手(23)=東洋大=が2点二塁打を放った。2点を追う4回2死一、三塁の好機。十亀の内角135キロシュートをコンパクトに振り抜き、三塁線を破った。「内角のボールに振り負けないように打席に入りました。切れずにフェアゾーンに入ってくれてよかったです」。これで、24日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で初スタメンに起用されてから、5試合連続安打と好調だ。

 この日は「THE MAGIC AKIRA OHGI DAY」と銘打たれた平成最後の一戦。29日が1996年(平成8年)に球団を平成唯一の日本一に導いた故・仰木彬元監督の生誕日にあたることから、偉業をたたえて監督、コーチ、選手が当時の背番号「72」のユニホームを着用している。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請