【中日】松坂 けが後初ブルペン「順調に少しずつ上がってきている」

けが後初めてブルペンの傾斜を使って投げる松坂
けが後初めてブルペンの傾斜を使って投げる松坂

 右肩痛からの復活を目指す中日・松坂大輔投手(38)が29日、ナゴヤ球場のブルペンで傾斜を使って22球投げ込んだ。

 アップ後、40分かけて丁寧にキャッチボーを行い、けが後最長となる70メートルの遠投を行った。その後、三塁ブルペンへと向かい、北野コンディショニング担当を捕手として立たせて、感触を確かめるようにマウンドから投球。「最後のクールダウンのつもりでブルペンに入った。状態を徐々に上げていくという中で、今のところは特に状態が落ちたりということはなく、順調に少しずつ上がってきている」と、笑顔で振り返った。

 本格的なブルペン入りではなかったが、明らかに右肩の状態は上がっている。「遠投して、フラットなところで強いボールを投げて。最後また傾斜を使って確認する。しばらく続けて、近いうちにしっかりした形でブルペンに入れたら」とプランも明かした。今後については「自分が必要だと思えば、打撃投手をやらせてもらえれば試合に入りやすい。投手コーチと相談していきたい」と説明した。

 松坂は2月のキャンプ中にファンと接触し右肩を負傷、炎症と診断されていた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請