横浜流星、あの競技で「全日本と世界大会で優勝した」のに、球技は…

横浜流星
横浜流星

 俳優の横浜流星(22)が、24日放送の日本テレビ「おしゃれイズム」(日曜・後10時)に出演。意外な一面を明かした。

 自身の性格を「結構ネガティブな性格です」と話した横浜。「割と全部、人に対してもですけど、疑いから入ったりとか、信じなかったりとか、相談事もしないんですけど、それはなぜかっていうと、相談をしたことによってその人が自分の求めている回答がこないと『それは違う』っていう風になっちゃうんで」と明かし、基本は友達と遊ぶよりも家にいることが多いそう。

 MCの有田哲平(48)が「流星君が弾けるときとかないの」と質問すると横浜は「格闘技見てるときとかは。やっぱずっと空手やってたので」とコメント。続けて空手について「本気でやってました。小学1年生から」と話し「中学生の頃に、色々階級があるんですけど一番軽い階級で全日本と世界大会で優勝した」と驚きの過去を明かした。また番組内のロケではパルクールを体験。その際にも大技をすぐにできるようになるなど抜群の運動神経を披露した。

 そんな運動神経抜群の横浜だが苦手なことも。「ボールが入ってしまうと何もできなくなってしまいますね」と球技が苦手なのだそう。横浜は「サッカーとかやってもボールは地にいたり。ドリブルしていると思ったら自分だけ先に行っちゃったり」と苦笑。「これから役とかでやるかもしれないじゃないですか」と話し、「やばいと思ってます」と不器用な一面を明かした。

 横浜は番組の最後に得意の5段蹴りを披露。その長い足から繰り出される素早い連続の蹴りにスタジオからは黄色い歓声が上がった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請