【巨人】原監督、大城の3点目「大きいねえ」

貯金を8に増やし、平成首位締めが確定してファンの声援に応える原監督(中央=カメラ・森田 俊弥)
貯金を8に増やし、平成首位締めが確定してファンの声援に応える原監督(中央=カメラ・森田 俊弥)

◆巨人7―2DeNA(28日・東京ドーム)

 ◆原監督に聞く

 ―今村は序盤は走者を背負っていた。

 「何か苦しんでいるように(見えた)ね。決してカーン、カーンと打たれているわけではないけれども、そう見えた。選手が伸び伸び、はつらつとプレーすることで、我々ベンチの意気も上がり、声も出る」

 ―気持ちの持ち方次第で投げられるところを見せた。

 「何か本人が少しパワーとして出たならば、次もそうしてほしい」

 ―3点目の大城の適時打も大きかった。

 「大きいねえ。ああいう2死からの得点というのはね」

 ―7回には陽岱鋼も適時打。

 「(前の打者が)敬遠という中で初球をたたいた。何かきっかけになってくれるといい」

 ―3カード連続の勝ち越し。

 「あしたは(上茶谷という)有望な新人選手が投げてくるようですから。初顔には弱いと言われているので、何とかしっかり戦っていきたい」

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請