プロ注目左腕の丹生・玉村を9球団が視察 自己最速147キロも4失点で敗退

丹生の玉村は自己最速147キロをマークしたものの、4失点で完投負け
丹生の玉村は自己最速147キロをマークしたものの、4失点で完投負け

◆春季福井県大会 ▽2回戦 敦賀気比4―1丹生(28日・福井県営球場)

 プロ注目左腕で丹生(にゅう)の玉村昇悟(3年)が、自己最速を2キロ更新する147キロをマークした。“県立校の星”を9球団のスカウトが視察したが、9回12安打、押し出し四球を含む6四死球で4失点した。

 昨夏の甲子園に出場した敦賀気比から9三振を奪ったものの「相手の対策にやられた。完敗です。外角に張って、ベースギリギリに立たれて攻めきれなかった。甘い球を全部、打たれた。打たれ過ぎですね。打たれて雰囲気も悪かった。自分の責任だと思います」と、猛省した。

 春木竜一監督(46)は「今日は一段と悪かったが、投球自体は上手だった。直球を見せ球にして、変化球をうまく使っていた。『そういうこともできるんだ』と。よく頑張ったと思う」と、ねぎらいの言葉をかけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請