【オリックス】悪夢の8回…救援陣が1イニング6四球で逆転負け 2軍落ちが決まった近藤と山崎福が試合中に“帰宅指令”

8回に登板、山川穂高の押し出し四球などピンチを広げて降板した近藤大(カメラ・小梶 亮一)
8回に登板、山川穂高の押し出し四球などピンチを広げて降板した近藤大(カメラ・小梶 亮一)
8回1死満塁、山崎福の同点押し出し四球をぼう然と見つめる近藤(手前)と先発したK―鈴木(カメラ・小梶 亮一)
8回1死満塁、山崎福の同点押し出し四球をぼう然と見つめる近藤(手前)と先発したK―鈴木(カメラ・小梶 亮一)

◆オリックス2―4西武(28日・京セラドーム大阪)

 オリックスが救援陣の自滅で逆転負け。3連敗で借金は今季ワースト「6」となった。

 2点リードの8回に登板した近藤と山崎福が合わせて6四球。それぞれ押し出し四球も与えるなど、計4失点した。敗戦後の会見で西村監督は「話にならない。勝負できていない。そういう投手はファームにいってもらいます」と2軍降格を明かしたが、両投手は試合中に帰宅。首脳陣から命じられたもようだ。

8回に登板、山川穂高の押し出し四球などピンチを広げて降板した近藤大(カメラ・小梶 亮一)
8回1死満塁、山崎福の同点押し出し四球をぼう然と見つめる近藤(手前)と先発したK―鈴木(カメラ・小梶 亮一)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請