馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

久々に戻します(栗東)

 こんにちは、山本です。今日はまだまだ残ってます、栗東からのパッチパチ♪ ではでは、行ってみましょうか。

 さて、今週の栗東は週中、異様なほどの暑さで、ワタクシは薄手のジャンパーの下に半袖一枚で取材していた日もあったんです。確か気温計も20度を超えていたはず。ところが、午前5時から始まった今朝の取材は冷たい風が常に吹き、時間が経っても全く気温が上がらない。それどころか、誰のせいなのか、霧雨が時折降ってくる始末…。取材中に雑談した某助手さんによると、「朝は雹(ひょう)みたいなのも降ってたよ」とのこと。昨日まで、あんなに暑かったのに…。

 この年になって、激しい寒暖差がちょっと怖くなっているのです。激しい寒暖差→風邪を引く→異常に長引くってことが近年、結構多いんですよ。もともと、風邪を引くことが少ない方だったんですが、明らかに抗体が弱っているようです。恐らく、明日の天皇賞までは体ももつでしょうが、その後から妙に熱っぽかったり、ダルくなったりしていることが今から少々、怖くなっております。

 ということで、そろそろ本題へ。最近は2歳馬情報ばっかり書いてましたんで、今日は久々に3歳馬の話題を中心に。

 さて、牡馬戦線は1冠目の皐月賞が終了。完全に【サートゥルナーリア(牡、父ロードカナロア)】が横綱という図式が固まりつつあります。個人的に皐月賞路線とは別の組から、日本ダービーでの打倒サートゥルを託せるような馬を探そうと思っているんですがね。

 ここで日本ダービーの賞金ボーダーを確認したいと思います。今回は一応、使う意思を示している馬を中心に、使うんじゃないかと思う組を個人的にピックアップして作ってみました。とりあえず、どうぞ。

優先=皐月賞〈1〉

【サートゥルナーリア(牡、父ロードカナロア)】=栗東・角居

優先=皐月賞〈2〉

【ヴェロックス(牡、父ジャスタウェイ)】=栗東・中内田

優先=皐月賞〈3〉

【ダノンキングリー(牡、父ディープインパクト)】=美浦・萩原

優先=皐月賞〈4〉

【アドマイヤマーズ(牡、父ダイワメジャー)】=栗東・友道

優先=皐月賞〈5〉

【クラージュゲリエ(牡、父キングカメハメハ)】=栗東・池江

優先=青葉賞〈1〉

【リオンリオン(牡、父ルーラーシップ)】=栗東・松永幹

優先=青葉賞〈2〉

【ランフォザローゼス(牡、父キングカメハメハ)】=美浦・藤沢和

〈8〉【エメラルファイト(牡、父クロフネ)】=3600万、美浦・相沢

〈8〉【ニシノデイジー(牡、父ハービンジャー)】=3600万、美浦・高木

〈10〉【メイショウテンゲン(牡、父ディープインパクト)】=3100万、栗東・池添兼

〈11〉【ダノンチェイサー(牡、父ディープインパクト)】=2800万、栗東・池江

〈12〉【アドマイヤジャスタ(牡、父ジャスタウェイ)】=2300万、栗東・須貝

〈12〉【ラストドラフト(牡、父ノヴェリスト)】=2300万、美浦・戸田

〈14〉【サトノルークス(牡、父ディープインパクト)】=2100万、栗東・池江

〈15〉【マイネルフラップ(牡、父ヴィクトワールピサ)】=1650万、栗東・梅田

〈16〉【ナイママ(牡、父ダノンバラード)】=1550万、美浦・武藤

〈17〉【シュヴァルツリーゼ(牡、父ハーツクライ)】=1500万、美浦・堀

〈18〉【タガノディアマンテ(牡、父オルフェーヴル)】=1150万、栗東・鮫島

〈18〉【ウーリリ(牡、父ディープインパクト)】=1150万、栗東・友道

〈19〉【ブレイキングドーン(牡、父ヴィクトワールピサ)】=1050万、栗東・中竹

 以上、900万円を超える組です。ただ、日本ダービーですから明らかにダートやマイル路線を歩みそうな馬でも突っ込むことがあるかもしれません。逆にアドマイヤマーズなどは状態次第ということになるでしょうし、そのあたりはまだ流動的です。一応、京都新聞杯の勝ち馬と優先出走権があるプリンシパルSの勝ち馬はほぼ使うと思いますんで、あと2枠は埋まるとして、現状では1550万のナイママあたりがボーダーかな、と。これ、微妙なところは京都新聞杯の2着馬。もし、賞金400万の馬だったとすると、これが1500万になるんですよね。賞金上位馬に回避馬が出たりすると、やきもきするような立場になります。いずれにせよ、今後の動向から目が離せません。

 ということで、ここからは少しだけ青葉賞の速報を。勝ったのはリオンリオン。当ブログでは松永幹調教師のこの馬への高い評価を何度か書いてきましたが、横山典Jの手綱さばきで覚醒しましたね。今日は決して楽なペースではない中での押し切り。本番でも展開のカギを握りそうな予感がします。友道厩舎のウーリリは伸び切れなかったなぁ。少しだけ行きたがるような場面も見られたとはいえ。まだ、成長途上ですし、秋に期待というところですかね。

 では、ネット限定「厳選馬」でございます。

京都6R・2アドマイヤユラナス(友道調教師が「徐々に良くなってきている」と。前走で行きたがる面を見せたので距離短縮。ここは仕留める)

 続いては馬券王への道 延長戦です。

京都3R・7マーニ(前走はもたれていた。右回りに戻って、巻き返す)

東京10R・2デスティニーソング(1400メートルで、引き続き52キロの軽ハンデ。そろそろ)

東京11R・3アフランシール(前回はスムーズさ欠いた。広いコースで反撃)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請