【広島】会沢が7連勝中3度目のお立ち台「何とか大地に勝ちをつけたかった」連続完封も演出

スポーツ報知
両軍無得点で迎えた8回、値千金の2点二塁打を放った広島・会沢(中央)

◆広島2―0中日(25日・マツダスタジアム)(25日・マツダスタジアム)

 広島・会沢翼捕手(31)が攻守に躍動し、最近6試合で3度目のお立ち台に立った。

 両チーム無得点で迎えた8回2死一、二塁から中越えへの先制二塁打。「前の2打席で凡退していたので、何とか(大瀬良)大地に勝ちをつけてあげようと思って打席に入りました」と声を張り上げた。

 チームは破竹の7連勝で、最大8あった借金は1まで減った。会沢は19日のDeNA戦(マツダ)で延長10回にサヨナラ打。前日(24日)の中日戦(マツダ)でも先制アーチを放った。正捕手として2試合連続の完封勝利も演出するなど、抜群の存在感を示している。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×