馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

駆け足で失礼します(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチなんですが、色々と細かな仕事が忙しい。ということで、前振りゾーンをカットして、本編だけをお届けします。

 さて、今の栗東では1週間離れただけで、2歳馬の緑ゼッケンがイッキに増えてきます。で、最近の入厩馬を調べてみると、よく入っておるのです。目についたところを紹介しておきましょう。まずは斉藤崇厩舎。アドマイヤラクティの全弟で、アドマイヤジャスタの半弟になる【ミレニアムクロス(牡、父ハーツクライ、母アドマイヤテレサ)】が入ってきています。こちらは先月30日の更新分で触れたように、トレーナーが速攻系としての期待をかけている馬です。

 で、その時に斉藤崇厩舎は「ある種牡馬の産駒が多い」と書きましたが、実はそれってルーラーシップなんです。まずは近親にロジユニヴァースなど活躍馬が非常に多い【ソニックベガ(牝、父ルーラーシップ、母モンローブロンド)】ですね。「脚長な感じの馬です。気性的にキツいかなと思ったけど、落ち着きも出てきています」と斉藤崇調教師。全体的な成長を見ながら、入厩時期を決める方針です。あとは、こちらもトーセンスターダムなど活躍馬が非常に多い【ラズルダズル(牡、父ルーラーシップ、母ラシンティランテ)】です。「乗っている人がみんな、背中がいいと言ってくれます。夏前ぐらいにこちらへ連れてこれれば」と楽しみにしているようです。

 さらには【パレドネス(牝、父ルーラーシップ、母ナスカ)】は近親にインティライミなどがいる血脈。「ドシッとした感じで、幅のある馬です。夏前ぐらいには栗東に入ってくるんじゃないかと思います」とのこと。さらに、「1歳秋に蹄のトラブルで遅れましたが、順調に回復。夏ぐらいに行ければ」と話す【レッドエーデル(牝、父ルーラーシップ、母アドマイヤリッチ)】もいますね。

 血統的な注目といえば、半兄にフルーキーなどがいる【マンオブスピリット(牡、父ルーラーシップ、母サンデースマイル2)】かな。「すごく順調にきています。脚長の感じで、すごくバランスのいい馬。早くからいけそうな感じですよ」と評価していました。個人的に取材の感触からいくと、この馬かな。

 さて、入厩馬に話を戻しますと、昨日は藤原英厩舎には全兄に青葉賞勝ちのヴァンキッシュランを持つ【リリーピュアハート(牝、父ディープインパクト、母リリーオブザヴァレー)】が、高野厩舎には母に海外G13勝馬を持つ【ディアスティマ(牡、父ディープインパクト、母スウィートリーズン)】が入ってきました。あと、本日は角居厩舎の第一弾、島川隆哉オーナーの【ブルーミングスカイ(牡、父ディープインパクト、母ブルーミンバー)】が入ってきました。トーセンブレスの全弟になりますね。

 といことで、今日は駆け足気味ですいません。今週は日曜日まで更新しますので、初日はこんなもんで。また、明日です。ではでは

スポーツ報知の競馬専門サイト「馬トク」では、「馬トクPOGプリント」を全国主要コンビニ、イオン系スーパーのマルチコピー機で発売中です。「社台ファーム編」、「ノーザンF早来編」、「追分Fリリーバレー編」、「ノーザンF空港編」をいずれも両面400円で販売。毎年のように多くのG1ホースを競馬場に送り込む社台グループの牧場で育成された2歳馬たちのスタッフコメント、血統を含めたプロフィルを紹介しています。一足先に有益なPOG情報をゲットして勝ち組になりたい方は、今すぐコンビニでご購入ください。購入方法はこちら

2歳馬特集ページ

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請