【神戸】新主将イニエスタが決意 「1000%の気持ちで」

スポーツ報知
練習後、合同取材を行った神戸・アンドレス・イニエスタ

 神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が25日、神戸市内の練習場で報道各社による合同インタビューに応じた。

 元ドイツ代表FWポドルスキに代わり、新主将に就任した背番号8は「選んで頂いて大きな誇りに思う。1000%の気持ちで役割を担いたい」と気合十分。チームは17日に監督を交代したが、新体制での公式戦は2試合連続完封負けと結果は出ていない。それでも「個人的にはチームのレベルは上がってきていると思う。ネガティブなことはないよ」と前を向いた。

 今年7月、古巣バルセロナとの親善試合が決定したことには「特別な試合になる。良いサッカーをして盛り上げたい」とイニエスタ。将来的なバルサ復帰への可能性を尋ねられると、苦笑いを浮かべ「バルセロナを去る決断をしたのは、そこでの時間が区切りを迎えたと考えたから。今はヴィッセルの一員として、何に貢献できるか考えながらプレーしている。バルセロナの街には戻ると思いますが、バルサというチームでプレーすることはないと思います」と話した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請