【G大阪】若手の躍動で今季ホーム2勝目

◆YBCルヴァンカップ、Dグループ第4節 G大阪4―1磐田(24日、パナソニックスタジアム吹田)

) G大阪が若手の躍動で今季ホーム2勝目を挙げ、グループ首位に浮上した。J1リーグの20日・大分戦から先発10人を入れ替えると、前半に韓国代表FW黄、さらに今季熊本から加入したMF田中の移籍後初ゴールでリードを2点に。後半16分に1点を返されたが、同34分に右サイドを抜け出した途中出場の18歳FW中村のアシストから、20歳FW食野が決めて3点目。さらに後半ロスタイム、中村がドリブルで切り込んで右足を振り抜き、だめ押しの4点目を奪った。

 現在、G大阪U―23として戦うJ3では6ゴールを挙げ、得点ランキングのトップに立つ食野は「(中村)敬斗からいいボールがきたので、頭を冷静にして決めることができた」と今季トップチームでの初ゴールを喜んだ。J1では15位と波に乗れないチームだが、出番を待ちわびてきた若手が、ルヴァン杯の舞台で結果を残した。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請