【中日】NPBが回答「他塁審とアイコンタクトしているうちに、確認が遅れてしまった」 21日の“よそ見”問題で

21日の中日-ヤクルト戦で、リプレー検証の結果、判定が覆り、険しい表情を浮かべた今岡二塁塁審(中)
21日の中日-ヤクルト戦で、リプレー検証の結果、判定が覆り、険しい表情を浮かべた今岡二塁塁審(中)

 中日は、21日のヤクルト戦(ナゴヤD)での審判の“よそ見”判定への意見書に対する回答が22日、NPBから届いたことを明かした。加藤球団代表が「当該の今岡二塁塁審が、打球判定の確認で他塁審とアイコンタクトしているうちに、当該プレーへの確認が遅れてしまったことをNPBも認める回答を受け取りました」とコメントした。

 問題のシーンは、5回1死二塁で起きた。ヤクルトの代打・上田の二飛で、二塁走者・雄平の帰塁が遅れ、中日は二塁に送球。その後に今岡塁審が二塁方向を見てセーフと判定。中日・与田監督がリクエストし、アウトに覆っていた。試合後、球団がNPBに意見書を提出していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請