【ヤクルト】つば九郎がまさかの俳優デビュー 目標は「かつしんたろう」

緊急会見で俳優デビューを明かしたヤクルト・つば九郎
緊急会見で俳優デビューを明かしたヤクルト・つば九郎

 ヤクルトの人気球団マスコット・つば九郎が22日、都内で緊急会見し、俳優デビューする主演ドラマ「つばめ刑事」の製作発表を行った。

 ヤクルト球団設立50周年&つば九郎デビュー25周年のメモリアルイヤー。東映とTBSグロウディアの動画配信WEBコンテンツプロジェクトの第3弾として、12分×12話の1話完結オリジナルドラマとしてこのほど極秘撮影を終えた。

 会見を行ったつば九郎は「あぶないでか せいぶけいさつ たいようにほえろをたして3でわったかんじです」とドラマを紹介。目標の俳優に「じゃっきーちぇん」「かつしんたろう」、ドラマを見てほしいチームメートには仲のいい「ばれんてぃん」を挙げた。今後の野望として「じだいげき みとこうもんあたり」とぶち上げ「このどらまが おくらいりにならないよう、しらないじょせいをなぐったり へんなくすりをつかったり しせいかつにはきをつけます」と際どい話題で締めた。

 物語は、とある事情により、球団マスコットをクビになってしまったつば九郎が、神宮球場内に存在するとされる警察署「鳥小屋署」で球場とスワローズの平和を守るつばめ刑事として活躍する姿を描く。共演は石田剛太、工藤綾乃、梅垣義明、磯野貴理子ら。6月にひかりTVで先行配信される。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請