【広島】選手が母の日に特別ユニホーム着用 実母にプレゼントへ 会沢「やんちゃな僕を支えてくれた」

「ピンクリボンユニホーム」を披露する(左から)中崎、会沢、野間
「ピンクリボンユニホーム」を披露する(左から)中崎、会沢、野間

 広島は22日、5月12日のDeNA戦(マツダ)で「かあさんありがとう~Pink Ribbon Day~」を開催すると発表した。

 1試合限定で監督、コーチ、選手が「ピンクリボンユニホーム」を着用。優しさをイメージしたピンク色をCarpロゴ、背番号、帽子に彩った。左腕には乳がんの早期発見、治療を推進するピンクリボンワッペンを付ける。

 選手は後日、ユニホームにメッセージを添えて実母にプレゼントするという。発表会見に出席した会沢選手会長は「やんちゃな僕をいつも支えてくれたのが母だった。感謝の気持ちを持ちながら、しっかり勝てるように準備したい」と意気込んでいた。

 またイベントに合わせて4月24日の正午より「ピンクリボンユニホーム(選手着用レプリカモデル)」と、お母さんへの感謝の気持ちを込めた「Carsan(かあさん)ユニホーム」を数量限定で販売する。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請