伊調馨2年8か月ぶり国際大会「ワクワクと不安と半々」

チームメートとの記念撮影でリラックスした表情を見せる伊調馨(前列中央)
チームメートとの記念撮影でリラックスした表情を見せる伊調馨(前列中央)

 レスリング女子五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=が22日、アジア選手権(23~28日、中国・西安)出場のため羽田空港からの出発前に取材に応じた。

 16年リオ五輪以来、2年8か月ぶりに国際大会に復帰する。年明けに両足首を痛めており、コンディションがカギになるが「どんな戦いになるか、学んでこれからに生かしたい。アジアの57キロ級の選手は世界でも上位の選手が多い。いろんな選手と戦いたい。ワクワクもあるし、楽しみもある。半々ですね」。57キロ級世界選手権女王の栄寧寧(中国)を含め、強豪との対決に思いをはせた。

 師事する田南部力コーチからは多くの課題を与えられてきた。「10個くらいある。コンディションのことから試合のこと…覚えられない」と苦笑いしつつ、「まずはしっかり宿題をやる」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請