【楽天】釜田、1年9か月ぶり白星 昨年12月結婚 最愛の夫人のサポートで復活

勝利の釜田はウィニングボールを受け取りナインとハイタッチ
勝利の釜田はウィニングボールを受け取りナインとハイタッチ

◆楽天7―3オリックス(21日・楽天生命パーク)

 愛妻へ届けとばかりに、楽天・釜田が力強く腕を振った。3回1死二、三塁。小島を空振り三振、吉田正は中飛に打ち取った。6回途中3失点で17年7月以来、約1年9か月ぶりとなる白星を挙げ「諦めないでやってきて良かった」と喜びをかみ締めた。

 昨年12月に結婚。夫人の献身的なサポートを受けた。「いつも心の支えになってくれた。野球に集中できる環境も作ってくれた」と感謝する。バックネット裏で見守った愛妻の前での復活劇。「良かったです」と照れくさそうにほほ笑んだ。

 14年3月に右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建手術、昨年6月には右肩と右肘の手術を受けた。1軍での登板は昨年5月4日以来だ。6回1死満塁のピンチを招いてマウンドを降りたが、球場中から大きな拍手が送られた。平石監督は「よく投げたと思う」とうなずいた。

 今春キャンプ中には原因不明の右肩痛に襲われた。わらにもすがる思いで中日・松坂の治療も担当した理学療法士の元を訪ねたという。「痛みも消え、状態が一気に上がった。多くの方に支えられてここまで来た」。石川・金沢高から11年ドラフト2位で入団した25歳。今後は患部の状態も考慮し、登板間隔を空けながら完全復調を目指す。(高橋 宏磁)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請