馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

春はあけぼの

 こんにちは、坂本です。今週の美浦トレセンは、ようやく暖かくなってきました。清少納言の「枕草子」じゃないですが、明け方が気持ちいい季節になってきたと言えます。

 どうしてこんなことを言うかといいますと、美浦はトレセンの記者席からJRAの事務所まで、別棟なので少し歩くことになります。日々のゲート試験の結果をチェックするのにも、わずかの距離をテクテクと。ただでさえ物ぐさな性格なので、「う~ん」と重い腰を上げるのに一苦労ですが、この時期は「オッ!」と思えることが多くなってくるので、やはり足で稼がないといけませんね。

 18日のゲート試験では、手塚厩舎の【ブルトガング(牡、父ディープインパクト)】が合格していました。先週も触れましたが、桜花賞馬グランアレグリアの全弟です。さらに乗り込むため来週には福島・ノーザンファーム天栄に放牧に出されるようですが、デビュー時期が楽しみですね。

 19日は藤沢和厩舎の【ステファニーズキトゥンの17(牝、父ディープインパクト、母ステファニーズキトゥン)】が、ゲート試験をクリア。母は主に芝のマイルから2000メートルで活躍して、15年のブリーダーズCフィリー&メアターフなどG15勝の活躍馬です。藤沢和師も「母は走った馬だからね」と期待しており、3回東京の早期デビューも視野に入ってきそうです。

 またダービー馬レイデオロの半弟の【ラドラーダの17(牡、父ダイワメジャー、母ラドラーダ)】も、すでに入厩して師の期待が伝わってきます。「これはいいよ。ダイワメジャーだから距離はあるだろうけど、上とはまたタイプが違う。スピードがありそう。男馬は早い時期は牝馬より子供っぽいんだけど、この子は従順で調整がしやすそう」とのことです。

 あと【アイムユアーズの17(牝、父オルフェーヴル、母アイムユアーズ)】も入厩しており、「460から470キロあるし、使えそう」と、順調なら早期デビューが視野に入ってきそうです。母はクイーンSなど重賞4勝の活躍馬で、血統的に楽しみが膨らみますね。

 今週はオークストライアルのフローラSですが、来週はダービートライアルの青葉賞が控えています。名牝メジロドーベルのラストクロップ【ピンシェル(牡、父ルーラーシップ)】がエントリー予定で、1月26日の未勝利戦(東京・芝2400M)を勝ち上がって以来になります。

 高橋文調教師は「以前は脚元に疲れが出たりしていたが、そのへんもしっかりしてきた。後ろが使えるようになって、バランスが良くなって成長している。センスの良さは血統なのかな」と語っていました。ケガから復帰した吉田豊騎手との初コンビで、“ダービー切符”を手にするか注目です。

 それでは今週はこのへんで。

スポーツ報知の競馬専門サイト「馬トク」では、「馬トクPOGプリント」を全国主要コンビニ、イオン系スーパーのマルチコピー機で発売中です。「社台ファーム編」、「ノーザンF早来編」、「追分Fリリーバレー編」、「ノーザンF空港編」をいずれも両面400円で販売。毎年のように多くのG1ホースを競馬場に送り込む社台グループの牧場で育成された2歳馬たちのスタッフコメント、血統を含めたプロフィルを紹介しています。一足先に有益なPOG情報をゲットして勝ち組になりたい方は、今すぐコンビニでご購入ください。購入方法はこちら

2歳馬特集ページ

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請