【広島】今季最多の1イニング6得点 安部「みんながつないでくれた」

4回1死一、二塁、追加点となる左越え適時二塁打を放つ安部
4回1死一、二塁、追加点となる左越え適時二塁打を放つ安部

◆広島―DeNA(20日・マツダスタジアム)

 開幕から貧打にあえいでいたカープ打線が今季最多となる1イニング6得点の猛攻を見せた。

 1点リードで迎えた4回、先頭・鈴木が四球を選ぶと、1死から会沢が中前安打でつないだ。1死一、二塁から安部が井納の直球を左翼線に運ぶ適時二塁打。「みんながつないでくれたので、自分もつなぐ気持ちでいきました」と振り返った。

 さらに申告敬遠で野間が歩いた後、2死満塁から田中広、菊池涼、バティスタが3者連続タイムリー。結局、このイニングは打者11人、5安打6得点の猛攻となった。先取点となった3回の犠飛と合わせ、この日、3打点となった田中広は「とにかく積極的に打ちにいった。追加点になって良かった」と右手でガッツポーズを作っていた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請