【阪神】メッセ 右前腕部の打撲で抹消 19日の巨人戦で打球が右手を直撃

スポーツ報知
19日の巨人戦でグラブを放り上げながら降板したメッセンジャー

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が20日、右前腕部の打撲のため出場選手登録を抹消された。

 メッセンジャーは、前日19日の巨人戦(甲子園)に先発。5回に亀井の打球が右手を直撃(記録は内野安打)し、試合中に西宮市内の病院に直行していた。球団発表によると骨に異常はないものの、腫れがひどいという。

 今季はここまで4試合に登板し、1勝2敗、防御率4・70。5年連続6度目の開幕投手を務めたエースの離脱により、先発ローテーションの再編が必要となりそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×