福山雅治、芸能界入りは車が故障したおかげ!?「マフラーが落ちて…」

スポーツ報知
福山雅治

 歌手で俳優の福山雅治(50)が19日放送のTBS系「ぴったんこカン・カン」(金曜・後8時)に出演し、芸能界に入る前に9万5000円で買ったという思い出の車と、そのトラブルのおかげで芸能界入りした秘話を明かした。

 オーディションを受けた福山は「(家に)電話がなくて、最終オーディションの通知が来なくって。それまではずっと郵便できてたんですけど最終オーディションの通知だけ来なかった」といい、来ないんだったらどっか遊びに行こうと思って奥多摩に出かけたのだとか。ところが「走っていたら、9万5000円で買ったからですかね。マフラーが落ちて、直管になっちゃって爆音響かせちゃって『これはいかん』と、アパートに戻った」と、車が突然故障してしまったと語った。

 するとアパートに電報が届いていて、「至急電話下さい」と書いてあったそう。「電話したら『あなた何やってるんですか?受かってるんですよ。すぐに来てください』って、オーディションは朝の8時とか9時ぐらいからやってんだけど、連絡が来たのが午後だったんですよね。急いで行って、(オーディションは)全部終わってました」と当時を振り返り、「後から聞いたんですけど。当時のプロダクションの会長は『遅刻するやつと会わない』っていうふうに言っていたみたいなんですけど、女子社員の方たちだったんでしょうね。推してくれてたみたいで、それで結果合格。この車でマフラーが落ちてなかったら、僕はそのオーディションに行ってない」と秘話を明かした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請