8年前に新人公演主演…宝塚宙組・真風涼帆がトップとして立つ「オーシャンズ11」開幕

宝塚大劇場宙組公演「オーシャンズ11」の一場面。左から凛城きら、澄輝さやと、芹香斗亜、真風涼帆、和希そら、寿つかさ
宝塚大劇場宙組公演「オーシャンズ11」の一場面。左から凛城きら、澄輝さやと、芹香斗亜、真風涼帆、和希そら、寿つかさ

 宝塚歌劇宙組ミュージカル「オーシャンズ11」(脚本・演出、小池修一郎)が19日、兵庫・宝塚大劇場で華やかに初日の幕を開けた。

 ジョージ・クルーニー主演の米ハリウッド映画をベースに、2011年に星組(主演・柚希礼音)で初演され、13年には花組(主演・蘭寿とむ)で再演。今回が6年ぶり3度目の上演となる。

 星組在籍当時の11年版新人公演で主演を務めた真風涼帆(まかぜ・すずほ)が、カジノの金庫破りに挑む窃盗団のリーダー、ダニー・オーシャン役に、今回は宙組トップスターとしてチャレンジした。

 上演決定を知った時は「驚きが大きかった」という真風は「新人公演の時は未熟で『少しでも大人っぽく見せなきゃ』と思っていたが、今回はただ頑張るだけじゃないので難しい。言葉にできない絶妙な部分を体現したい」と14年目で迎えた大劇場一本物のセンターへの気構えを見せた。

 また、同じく13年花組で新公センターを担当した2番手スター・芹香斗亜(せりか・とあ)がダニーの相棒ラスティー・ライアンを演じた。星組時代の後輩・芹香とのコンビネーションに「刺激がもらえるし、頼もしい」と真風。ダニーの妻で離婚寸前のテスを務めるトップ娘役・星風まどかは、大人びた新たな一面で魅了。3番手に昇格した桜木みなとも悪役のカジノ王・ベネディクト役で新味を発揮した。

 また、7月21日付で退団する娘役の重鎮・純矢(じゅんや)ちとせ、男役スターの澄輝(すみき)さやと、蒼羽(そらはね)りくらも見せ所の多い役でラストステージに臨んだ。

 5月27日まで。東京宝塚劇場では6月14日~7月21日上演。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請